先駆者となったインサイト

車が社会に普及してきて、かなりの年月が経ちました。
今では非常に多くの車が道路上を走っている光景を目にします。
これは日本国内に限った話ではありません。
もう全世界的に見て考えても良いことと言えるでしょう。

これからはさらに新興国の発展が期待されます。
そうなりますと更に車への需要というものが出てくる事になります。
まだまだ車社会の発展が見込めることでもあると考えられるのです。
それに伴って様々な問題も発生してきています。車を生産するのに原材料が大量に必要となること、
交通事故が増えること、そして最近は世界的にも注目している地球温暖化に対しての問題なんかもあります。

このどれもが非常に重要な問題として考えられます。ただ車を生産するだけではなく、
私たちが安心して車を使い続ける方法や仕組みを考え出す必要もあるのではないでしょうか。

自動車メーカー側もこのような問題は熟知しております。現在ではいくつかのアプローチが、
それらの問題に対してなされている状況にあります。

特に地球温暖化に対して対策は各メーカーが力を入れているところです。
その原因ともなる二酸化炭素の排出量を如何に抑えていくか。
これができるかどうかによって、私たち消費者やユーザーの信頼を得られることとなります。
それが売上にも反映していくことになるでしょう。

次期インサイト

現在ではハイブリッド車がその牽引役となっています。
ハイブリッドと言いましても大きく2種類のタイプがあると考えられています。
特にホンダ社ではインサイトを始め、ハイブリッド車がいくつかあります。
トヨタ社のタイプが主流とはなっていますが、
ホンダ社の初代インサイトが実はハイブリッド車の先駆者でもあるのです。

その初代インサイトのデザインもタイヤが少し隠れるような感じで特徴的でもありました。
現在のインサイトは更に改良されております。しかし基本的な考え方は同じで、
エンジンをモーターがサポートするというタイプを採用しています。

特に2代目のインサイトが爆発的な売上を達成しました。
その後下火にはなっていますが、ホンダ車には新たな改良を加えた、
次期インサイトを必ずや作り上げてくれると期待しています。

COPYRIGHT© 2013 ハイブリッド車に乗りたい! ALL RIGHTS RESERVED.